サーマクールで老けたなんていわせない【プリプリ若見え肌をGET】

昔の写真と見比べて

目元

手術で若く見える

昔の写真と今の写真を見比べて、今の方が瞳が小さく感じるケースは実は多くあります。その原因の一つは眼瞼下垂であり、上の瞼が垂れ下がってしまうからです。垂れ下がった瞼が瞳を覆ってしまうことで、瞳が小さく見えてしまうわけです。眼瞼下垂になる原因には加齢の他にドライアイや怪我などがありますが、どうしても見た目年齢が老けて見えてしまいます。これはメイクなどで誤魔化しが利かないため、そのまま諦めている人は少なくありません。でも、この眼瞼下垂は美容整形外科手術で治すことができます。上の瞼を切開して原因となっている老化した眼瞼挙筋腱膜と呼ばれる部位を短縮縫合することで解決してしまいます。ただそのとき気になるのが手術痕でしょう。いくら手術で眼瞼下垂が改善されたからと言って、目に見える傷が残っていたら意味がありません。ただし、美容整形外科ではその手術痕も目立たない方法があります。それは切開するとき瞼のラインに沿って切開することで、そのラインと手術痕が重なることで目立たなくなります。実際に、眼瞼下垂手術をしている人は多く、それだけで見た目の年齢が10歳ほど若返ることも少なくありません。人間の第一印象の多くは目元で決まると言いますが、それは強ち間違いではないのです。この眼瞼下垂手術を施すと約1週間ほど瞼が腫れてしまう状態になります。そのため、美容整形を利用するときは長期休暇を活用するのが効果的だと言えるでしょう。

Copyright© 2018 サーマクールで老けたなんていわせない【プリプリ若見え肌をGET】 All Rights Reserved.